• トップページ
  • 活用事例
  • 0149 建屋と建屋の間のデッドスペースを有効活用できる全天候型手動バーラック (有)西日本プレカットセンター

活用事例

2015年05月28日03:48:PM 公開

0149 建屋と建屋の間のデッドスペースを有効活用できる全天候型手動バーラック (有)西日本プレカットセンター 様

所在地 広島県尾道市

納品日 2009年11月

20150528(有)西日本プレカットセンター 20150528(有)西日本プレカットセンター

□ 業種 : プレカット、木材の販売

□ 設置場所 : 建屋と建屋の間

□ コメント : 幅と奥行きが狭く荷物を置くと簡単に取り出せなくなってしまう場所を有効活用するため、
全天候型手動ラックを導入されました。
移動ラックを利用する事で先入れ先出しのスムーズな入出庫が可能になります。

 

この事例のPDFをダウンロードする

用途 プレカット資材と製品の屋外保管

0140 天候に左右される事なく約100種類の木材を保管かつ1種類毎にすばやく取り出せるラック (株)タカキ 様 207 木箱用の材料を乾燥も兼ねて種別ごとに保管する為の移動ラック コベルコシンワ(株) 高砂事業所 様
納品事例トップへ
  • 活用事例
  • 会社案内
  • ラックのご提案
  • よくある質問