• トップページ
  • 活用事例
  • 211【テント倉庫活用事例1】限られた敷地で保管収納量を落とさず作業動線を確保する S社

活用事例

2018年03月09日05:54:PM 公開

211【テント倉庫活用事例1】限られた敷地で保管収納量を落とさず作業動線を確保する S社 様

所在地 岡山県

納品日 2016年08月

case_180309_01.jpg case_180309_02.jpg case_180309_03.jpg

case_180309_04.jpg case_180309_05.jpg case_180309_06.jpg

case_180309_07.jpg case_180309_08.jpg case_180309_09.jpg

1.お客様がゴーリキに相談した理由は?

お客様は製造業で売上を上げるため増産設備の計画をされており、
現在の敷地内で生産工場と保管倉庫を検討していました。

ただし、敷地内の空きスペースはどこも狭く
とても以前のような完成品を速やかに出荷できるレイアウトをとる事が出来ず、
限られた候補地の中から以前の1/3しかないスペースで
効率の良いレイアウトができないかと打診がありました。

2.困っていたのは誰ですか?
工場担当者

3.どうする事でそれを解決しましたか?
『テント倉庫+移動棚(台車のみ)プラン』で即解決いたしました!

1/3になったスペース全体を利用して間口27mの大型のテント倉庫を建設し、
庫内へ移動式棚をレイアウトすることにより収納量を確保しつつ、
先入れ先出しが可能なレイアウトを実現させました。


しかもお客様の保管物は長さ4mの長尺木材のため、
リフトの侵入方向である倉庫間口に間柱などの隔てるものが無い仕様にすることで、
移動式棚の特性を十分生かすことが出来ました。

4.この案件のセールスポイントは?
建物の梁桁を27m飛ばすのは通常の鉄骨建物だと難しいですが、
テント倉庫ならば屋根が軽いのでこのような形状でも安価に建設する事が可能です。
庫内へ間柱が一本もないレイアウトだからこそ移動式棚がレイアウト出来るのです。

用途 倉庫

0184 異なるサイズの木材を保管する為の移動棚 さんもく工業(株) 様 319 小物から長物までの商品をすき間なく収納できる移動式ラック 信和自動車工業(株)厚木支店 様
納品事例トップへ
  • 活用事例
  • 会社案内
  • ラックのご提案
  • よくある質問