活用事例

2020年10月01日10:23:AM 公開

324 異なる大きさのパレットをラックワイドを気にしないで保管する方法 A社 様

所在地 福岡県

納品日 2020年09月

case20201001-01.jpg


1.お客様がゴーリキに相談した理由は?

異なる大きさのパレットに乗った処理物を縦横幅気にしないで保管したい。
重ねる事が出来ないので多段化して仮保管しなければならない。
処理物の順番を決めやすいようにしたい。

2.困っていたのは誰ですか?
工場担当者

3.どうする事でそれを解決しましたか?
異なる大きさのパレットを保管する場合、通常のパレットラックでは設計通りのパレットしか置けません。
バーラックのフロアー材仕様を導入して頂き、上記のお悩みを全て解決しました。

4.この案件のセールスポイントは?
奥行1.2m、横6.3mの床が3段出来ました。
6.3mの間には前面の柱が1本もありません。
6.3m間には何を置いてもかまいません。

異なる大きさの荷物の保管にお困りならば、
バーラックフロアー材仕様で解決しましょう。

用途 大きさがまちまちなパレットに乗った積載物の一時保管

321 パレットに積んだセメントを保管するための屋根・カーテン付バーラック A社 様
納品事例トップへ
  • 活用事例
  • 会社案内
  • ラックのご提案
  • よくある質問