活用事例

2021年05月06日02:51:PM 公開

352 伸銅品、アルミニウム、ステンレス等の加工前の原材料保管ラック A社 様

所在地 東京都

納品日 2014年08月

case20210506-01.jpg case20210506-02.jpg



1.お客様がゴーリキに相談した理由は?

ホイストクレーンでの荷役で平置き保管をされてました。
倉庫壁面はクレーンも近づけず、デッドスペースになっている為、
フォークリフトの荷役を併用して利点を生かしたい。
パレットの大きさが数種類ある為、パレットラックやネスラックではスペースが読めない。何か良い案が無いか?

2.困っていたのは誰ですか?
倉庫担当者

3.どうする事でそれを解決しましたか?
倉庫壁面にバーラックのフロアー材仕様を提案させて頂きました。
フロアー材を追加する事により、奥行き1.2mの床がそのままま多段化する事が出来ました。
在庫や長期保管品をバーラックに一時保管する事も出来、無駄な移動も吸収する事が出来ます。

4.この案件のセールスポイントは?
通路幅が狭く、長尺物を振り回す事が出来ない時は天井クレーンで荷役、
その後、フォークリフトにてバーラックに収納するといった異なる荷役を併用する事により、
立体的保管も可能となり、デッドスペースも有効に活用する事が出来た良い事例です。

5.この設置場所は
敷地内屋内入出庫エリア

用途 製品の一時保管

350 4mの木材を多段保管するためのバーラック A社 様
納品事例トップへ
  • 活用事例
  • 会社案内
  • ラックのご提案
  • よくある質問