バーラック(カンチラック)が選ばれる理由

長さ3m以上重さ1t以上の長尺重量物の収納に最適です!

倉庫の収納でお困りではありませんか?

木材、鉄工物、樹脂ロール、パイプ・・・等々は、形状・長さ・重量から直に段積みするには困難な場合が多く、管理や保管に多大な労力とスペースが必要になります。

このような悩みをお持ちの材料管理の担当者さま。是非、弊社のバーラックをご検討ください。

バーラックを利用することで、これらの作業改善や保管スペースの有効活用を図ることができます。

前面側の支柱なしでこの強さ!

長尺重量物の収納にこそバーラックが最適!
棚と言っても様々な種類があり、用法・用途が適正でないと、作業性が悪くなったり無駄な空間を作ってしまったりと返って逆効果となる場合があります。

例えば四隅に支柱がある箱型の一般的なラックは、棚の有効幅と耐荷重に制約と限度があり、長尺(長さ3m以上)で重量(重さ2t以上)のある物には適していません。

しかし、こういった長尺重量物の収納にこそバーラック(カンチラック)が非常に適しています。

何故ならバーラックは、前面側に支柱がないので収納物の長さに制約がなく、また、支持する腕木と支柱を水平方向に追加するだけで耐荷重を増やすことができるんです。

効率いい製品保管が可能、キズも軽減!

バーラックの特徴は、その強さだけではないんです!
バーラックは前面側の支柱がないため、長尺物(長さ3m以上)にも対応できるほか、重量(重さ2t以上)のある物にも適しています。

でも、バーラックの特徴はその強さだけではありません。
収納物を「面」ではなく「線」で支持する為、荷の出し入れの際の棚との緩衝によるキズの発生が軽減でき、また、各支柱に腕木が一点で取り付けられているので、棚の有効高さの変更が容易にできます。

長さ3m以上重さ2t以上の長尺重量物の収納にはバーラックしかない
と、自信を持ってオススメしています。

各収納物のバーラック使用例

下記以外でも収納にお困りのものがございましたら、お気軽にご相談ください!
弊社では、今までにさまざまなパターンに合わせて最適な収納法を提案させていただきました。諦める前に、是非一度ご相談ください。

  • 木材
  • 鋼材
  • 丸棒
  • 鉄パイプ
  • サイディング
  • アルミ角パイプ
  • 建築資材(合板)建築資材(合板)
  • 各種波板
  • 樹脂フィルム樹脂フィルム
  • 工作物

その他にもまだまだあります。詳しくは「製品活用事例」をご覧ください。